たてフロ ~たてものフロンティア ブログ~
建築ブログ
せっかくだからキャロットタワーについて語るぜ!
三軒茶屋の駅を降りると、一際そびえ立つ超高層ビルが建っています。
商業施設やホール施設、行政窓口などが入っているオフィスビルであり、この街のランドマークとなっている キャロットタワー。三軒茶屋駅から直結しており、この街ではおなじみの施設となっています。

今回はそんな、外壁が人参みたいな色をしたキャロットタワーについて書いていこうと思います

人参色の外壁


キャロットタワー_外観

外壁はその名の通り、人参色のレンガ調の外壁となっており、キャロットタワーの名前の由来にもなっています。
キャロットタワーとはインパクトのある名前ですね。記憶に残り、一生忘れない自信があります。
建物名は、世田谷区内の中学生が命名したのですが、言われてみれば中学生が考えそうな名前でもあります。
若いからこそ、このような記憶に残る名前が思いついたのですね。純粋な心を失いかけた大人になってしまった方は、仕事もプライベートもたまには童心に帰るのも良いと思います。

低層部の複合商業施設


キャロットタワー_複合商業施設

このビルの低層部は複合商業施設となっています。超高層ビルではよくあるパターンですね。
キャロットタワーでは内部も人参色のレンガがふんだんに使われており、中央は大きく吹き抜けていてショッピングモールらしさを出しています。

無料のようで無料でない展望室


キャロットタワー_展望風景

最上階となる27階は無料展望室となっており、世田谷の風景が一望出来ます。
27階にはレストラン スカイキャロットが入っており、レストラン側からは東京都内の風景が一望出来ます。

無料と言いつつも、東京側の風景を見るにはレストランに入らないと見れないのですが(^^;

オフィスフロアは高層に向かない形式?


次にオフィスフロアを見ていきましょう。
以下に、基準階の平面図を載せておきます。

ちなみに基準階というのは、高層建築だと同じ形の平面図が何層も出てくるわけですが、図面を書くときは代表的な階を1つ抜粋して書いています。その代表的な階が基準階となります。
全階数分の図面をひいてたら、めんどくせ~、だり~、となってしまいますよね。

キャロットタワー_平面図
<引用:東急電鉄オフィスビル キャロットタワー | © Copyright TOKYU CORPORATION All Rights Reserved.>

階段やエレベーター、トイレや廊下などの共用部分をコアと呼ぶのですが、キャロットタワーのオフィスは分散コアでありながら、左側のコアが広いので片寄せコアに近い形式となります。
またコア内に貸室も設けている不思議な形式だと思います。

オフィス階のコアは以下ような種類があるのですが、片寄せコアの場合は強度が偏るため高層に向いていません…。

基準階のコアの種類
※灰色部分がコア

ただ、このビルは片寄せコアに近い形式ですが、右側には階段を設けて、外壁も多めにすることで偏りを多少カバー出来ているのではないかと思います。防火上、2方向避難も出来ますし。



建築概要



キャロットタワー_建築概要


三軒茶屋に来た際には、キャロットタワーで買い物するのもよし、展望するのもよし、外から眺めるのもよし、スルーするのもよし(えっ)。
これからもこの街のシンボルとして生き続ける事でしょう。



参考文献:
キャロットタワー - Wikipedia
東急電鉄オフィスビル キャロットタワー
計画 【事務所】 N.T.S.
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tangwide.blog.fc2.com/tb.php/17-84120f7b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)